会社案内outline

三陸の海はおいしい。

photo

変遷する時代のニーズを捉え、
新たな食文化の創造を

マルダイ長沼は、三陸海岸南端の牡鹿半島でかきの養殖・製造・産地直送販売を行う水産加工メーカーとして、昭和40年(1965年)に創業しました。
当時、産地直送という流通形態はまだ一般化していませんでしたが、当社はいち早く国内最大の消費地・首都圏へ目を向けていました。昭和52年(1977年)には、東京に営業拠点を開設し、メーカーと商社の機能を併せ持つ2拠点体制の水産食品企業となって現在に至ります。

昭和から平成にかけては、流通革命や加工技術の進化、食品産業の多様化、食生活の欧米化など、日本人の食を取り巻く環境が大きく変化する時代でした。水産業においても、国内漁獲量の減少、国際市場での需要急増に伴う水産物輸入競争の激化など、状況が目まぐるしく変化しました。

とりわけ、食の安全に対する意識の高まりは、食品業界に大きな変革をもたらしました。東日本大震災という危機にも直面し、食の安全確保は国民の総意となっています。

こうした変遷の中で市場ニーズに応えながら、当社は常に「食の新時代」について考えてきました。現在は、かきと並ぶ主力製品のめかぶをはじめ、三陸産の海産物を幅広く手がけており、加工技術や配送システムの革新に努め、新たな製品づくりへのチャレンジを続けています。

震災の津波で牡鹿半島沿岸は大きなダメージを負いましたが、地域が力を合わせて立ち上がり、美しく豊かな海を取り戻しました。当社も平成29年(2017年)に最新設備をそなえた新工場を設立し、さらに生産能力を向上しています。

創業から半世紀以上の歩みを経て、令和の時代を迎えた今、これまでの経験と実績を最大限に活用して、新たな食文化の創造に貢献していきたいと願っています。

代表取締役社長 長沼 金彌
会社概要
  • 商号

    株式会社マルダイ長沼

  • 設立

    昭和40年 資本金1千万円

  • 代表者

    代表取締役社長 長沼金彌

  • 事業内容

    生かきのパック製造・販売
    わかめ・めかぶ等海藻の加工・販売
    生さんまの加工・販売

  • 事務所

    東京都江東区越中島1丁目2番地13号 門前仲町ビル6F GoogleMap
    TEL:03-3643-2445(代)
    FAX:03-3643-7860

  • 工場

    大原浜工場/宮城県石巻市大原浜中田1番地1 GoogleMap
    給分浜工場/宮城県石巻市給分浜丸中沢3番地1 GoogleMap

森を育て、海を守り、未来へ伝えたい。
牡鹿半島のかきやめかぶがおいしいのは、リアス式海岸が形づくる複雑な入り江に、山の養分がたっぷりと注がれているから。この恵まれた環境を守り、次世代へ伝えていくため、私たちは森に木を植えています。
地元漁協と東京の生協との共同事業で行うこの植樹活動は、震災で一時中断していましたが、地域の復興とともに再び動き出しました。地域を愛する心を込めて、末永く活動を続けていきたいと思います。